熊本城の桜

熊本市藤崎台
日本三名城の一つに数えられる熊本城は、天正16年(1588)、肥後半国の領主として
熊本に本拠を置いた加藤清正によって築かれました。築城は慶長6年(1601)に始まり、
同12年(1607)に完成したといわれています。城郭は周囲9Km(築城当時)、
広さ約98万m2で、その中に天守3、櫓49、櫓門18、城門29を持つ豪壮雄大な構えです。
なかでも「武者返し」と呼ばれる美しい曲線を描く石垣は有名です。


個々の写真をクリックすると大きな写真が表示されます。
各ページの[ → ]または写真のクリックで順に表示され[ ↑ ] をクリックすると閉じて戻ります。